そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

鬼の跫音

 

 

 

f:id:moublog:20141117204838j:plain

 

 

 

先日、道尾秀介さんの「鬼の跫音」を読みました。

「シャドウ」に引き続き、道尾秀介作品7冊目です。

この小説は短編集なんですが、エグいというか、陰惨というか、ホラーっぽいというか、全体的に、そういった印象でした。

そして、どの話も、小さなどんでん返しがあるんですが、でも、結末をはっきりさせるわけじゃなく、少しボカす感じで終わる、といった感じでした。