そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

夜の国のクーパー

 

 

f:id:moublog:20150102205753j:plain

 

 

(ちょいネタバレありの感想です)

 

 

先日(去年)、伊坂幸太郎さんの「夜の国のクーパー」を読みました。

 

この小説自体が長いのと、国や戦争がテーマになってるので、読むのに少し時間がかかりましたが、無事読み終えました(とはいえ、難しい話ではないです)。

 

で、まとめると、国や戦争の話と、猫が喋るという寓話的な要素と、「進撃の巨人」が混ざり合った話といった感じでした。

 

今までになかった伊坂幸太郎作品といった感じですが、でも、伊坂幸太郎作品特有の、伏線がつながっていって、どんでん返しがある感じはあります。

 

そして、読み終えたあと、タイトルの「夜の国のクーパー」の「夜の国」は、どの国を指すのかなあ?、と思ったりしました(小説の中では、3つ国が出てくるんですが、どの国を指すのかなあ?、と)。