そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

球体の蛇

 

 

f:id:moublog:20150110200201j:plain

 

 

先日、道尾秀介さんの「球体の蛇」を読みました。

 

う~ん、今まで読んだ道尾秀介さんの長編小説の中で(「向日葵の咲かない夏」から「龍神の雨」まで読んでます)、一番いまいちだったかも・・・。

 

なんか中途半端な気がしました。

 

道尾秀介さん自身も、この小説の紹介動画で、「ミステリーではなく、トリックがない小説を書きました」みたいなことを言っているので、そういった新しい試みの小説だから、そういう風に感じたのかもしれません。

 

なので、長編じゃなくて、短編とかだったら、いまいちと感じなかったかも・・・。

 

あと、最後の一行に仕掛けがあるのかと思いきや、僕はその仕掛けがわかんなかったです。

 

それと、道尾秀介さんの小説って、普通のミステリーと、エグい系のミステリーと、変態系のミステリーと、大まかに言って3種類あると思うんですけど、「球体の蛇」は、ちょい変態系ですかね。