そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

TOKYO TRIBE

 

 

f:id:moublog:20141014145357j:plain

 

 

(ちょいネタバレありの感想です)



先日、映画「TOKYO TRIBE」を観ました。

 

原作は、井上三太さんのマンガですね(チラッとしか読んだことがないです)。

 

で、原作をちゃんと読んでないので、なんとも言えないんですが、「TOKYO TRIBE」という原作を基に、園子音監督が好き放題に撮った作品、といった印象ですかね。

 

なんか、ヒップホップとアクション映画の融合、みたいな感じでした。

 

なので、香港のアクション映画の影響が強いような気がしました。

 

それと、ヒップホップ・ミュージカルという斬新なアイデアですが、違和感なく観れたし、よかったと思います。

 

結構本物のヒップホップの人たちが出てます(染谷将太さんは、役者でラッパーではないですが、気怠い感じのラップがうまいなあ、と思ったりしました)。

 

ただ、なぜメラが海のことを(もしくは、ムサシノSALUのことを)特別嫌っているのかがよくわからないので、ラップもかっこいいし、アクションもすごいんですけど、壮絶なバトルが、なんでこの人たち戦ってるんだろう?、と、映画を観ながら、頭の中に、「?」マークが浮かんでしまいました(メラが海のことを(もしくは、ムサシノSALUのことを)特別嫌っている理由は、最後に明かされますが、結構下らない理由だったりします。これは原作にもあるエピソードなんですかね?観た感じ、映画オリジナルっぽい気がしました)。