そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

死神の浮力

 

 

先日、伊坂幸太郎さんの「死神の浮力」を読みました。

 

「死神シリーズ」の新作なんですが、う~ん、個人的にはいまいちでしたかねえ。

 

簡単にストーリーを説明すると、娘を殺された夫婦の復讐劇なんですが、まず単純に、話が長過ぎる気がしました。

 

長いわりに、話がダイナミックに展開していく感じでもないので、こんなに長くしないで、中編くらいのサイズにしたほうがよかったんじゃないかなあと。

 

あと、伊坂幸太郎作品の特徴でもある、伏線が張ってあって、最後にどんでん返しがある、みたい感じも、あんまりないんですよねえ(多少伏線は張ってあったりしますが・・・)。

 

それと、犯人が犯罪を犯した動機がよくわからない(良心がなくて、理由(わけ)もなく犯罪を犯してしまう人間、という設定なのかもしれませんが・・・)。

 

そんなわけで、伊坂幸太郎さんの小説は、第1期の作品群のほうが好きかも、と思ったりしました。 

 

 

死神の浮力

死神の浮力