そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

昨夜のカレー、明日のパン

 
 
先日、木皿泉さんの「昨夜のカレー、明日のパン」を読みました。
 
僕は、ドラマ版のほうを先に見たんですが、ドラマ版と変わらない世界観でした(そりゃそうですよね。ドラマ版の脚本も木皿泉さんですから)。
 
でも、「夕子」「一樹」など、ドラマ版にはない話があったりしました(逆に、ドラマ版にしかないエピソードもあった気がします)。
 
「夕子」は、一樹のお母さんの話で、「一樹」は、この小説のタイトルに関係した話。
 
また、「虎尾」は、ドラマ版でもある話なんですけど、原作だと、虎尾の女性観などがくわしく書かれていて、ここら辺のことは、ドラマ版では、ここまでくわしく描かれてなかった気がします。
 
しかし、ドラマ版を先に見てると、どうしても、ドラマ版に出てた役者さんたちをイメージして読んでしまいますね。  
 
 

 

昨夜のカレー、明日のパン

昨夜のカレー、明日のパン