読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

笑うハーレキン

 

 

先日、道尾秀介さんの「笑うハーレキン」を読みました。

 

ちょうど最近文庫化されて(解説は小泉今日子さんです)、そのタイミングで読んでみました。

 

読んでみた感じ、いわゆるどんでん返し的なものというか、ミステリーのからくり的なものというか、そういった部分は、ほかの道尾秀介作品に比べて、ちょっと弱いかなあと思ったりしました。

  

「これはミステリーなの?サスペンスなの?謎の組織まで現れ、アクション映画さながらのスリリングなカーチェイスまで。あー面白い!」といった小泉今日子さんの書評の一節にあるように、いろんな要素がある小説なんですが、物語の方向性がはっきりしてないんですよね。

 

なので、これは最後に、いろんな伏線が一気につながるような、大きなどんでん返しがあるんじゃないかと、期待して読んでしまったから、そういう風に感じたのかもしれません・・・。

 

 

笑うハーレキン

笑うハーレキン