そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

春の嵐

 
 
4月のとある日。
 
その日は遅いシフトのため、僕はお昼過ぎに家を出て、職場に向かった。
 
まだ桜が咲いてる時期で、その日は風が強く、職場への道を歩いていると、沢山の桜の花びらが宙を舞い、まるで春の嵐のようだった。
 
そして職場に着き、ロッカー・ルームで着替えていると、僕の服から、桜の花びらが1枚床に落ちた。