読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

ゆとりですがなにか

 

 

先日、宮藤官九郎さん脚本の「ゆとりですがなにか」を最後まで見終えました。

 

「やっぱりクドカン才能あるなあ」と思ったりしました(脚本家として売れてるんだから、当たり前なんですが・・・)。

 

で、見てて思ったのが、宮藤官九郎さんは、「池袋ウエストゲートパーク」のあとに、フジテレビで、「ロケットボーイズ」というドラマをやったんですよね。

 

で、その「ロケットボーイズ」も、アラサー3人の青春を描くといった内容で、「ゆとりですがなにか」と共通するところもあるので、「ゆとりですがなにか」は、「ロケットボーイズ」の現代版をやりたかったのかなあと(主人公が、話の途中で、足を痛める、といった設定も共通してるような・・・。たしか、「ロケットボーイズ」の場合は、撮影中に、織田裕二さんが腰を痛めてしまって、それで、そういう設定なったと記憶してますが・・・)。

 

しかし、柳楽優弥さん、良い役者さんになりましたね。