そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

背の眼

 

 

先日、道尾秀介さんの「背の眼」を読みました。

 

道尾秀介さんのデビュー作で、ドラマ化もされてるみたいですね。

 

で、この小説は、ホラーサスペンス大賞の特別賞を受賞した作品なので、もちろん、ホラーでサスペンスなシーンもあるんですが、基本は、主要な登場人物3人を中心に、ほかの登場人物を交えた会話劇で進んでいって(そういったシーンは、普通のトーン)、そんな会話の中に伏線が張ってあって、最終的につながっていくといった作りの小説で、当時は、ミステリー小説の新世代が出てきたって感じの印象だったのかなあと思ったりしました(とはいえ、ミステリー小説、そんなにくわしいわけではないんですが・・・)。

 

 

背の眼〈上〉 (幻冬舎文庫)

背の眼〈上〉 (幻冬舎文庫)