読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

リップヴァンウィンクルの花嫁

 

 

(ちょいネタバレありな感想です)

 

 

先日、映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」を観ました。

 

久しぶりの、実写の岩井俊二監督作品ですね。

 

よかったです。

 

で、岩井俊二監督作品て、女性ウケしそうな、映像美や世界観が注目されがちだと思うんですけど(もちろん、そういった要素は、今作にもあります)、普通にストーリーがおもしろかったです。

 

3時間近くある映画なんですが、話が進んでくテンポが良いし、展開が全然読めなくて、退屈しませんでした。

 

ただひとつ気になった点が。

 

綾野剛さん演じる安室という男が、良い人なのが、悪い人なのか、いまちいわからなかりませんでした(いつでも七海を助けてあげて、一見良い人風なのですが・・・)。

 

●とあるシーンで、黒木華さん演じる七海に絡んでくる別れさせ屋から、七海を守るために、安室が登場するんですが、その別れさせ屋と安室が、どうやら知り合いらしい(別れさせ屋の仕事に安室がどれだけ関わっているのか・・・)。

 

●安室は、ランバブル(SNS上のとある人物)の友達ということになってるんですが、どうやら安室自身がランバブルらしい(七海に嘘をついている)。

 

●七海の人生が変わっていくのを、安室が、裏でどこまで牛耳っていたのか(又は、コントロールしていたのか)。

 

などなど・・・。

 

そんな点が気になりました。