読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

アイネクライネナハトムジーク

 

 

先日、伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」を読みました。

 

もともと、最初の2つの話が、斉藤和義さんとのコラボレーションとして書かれた話で、そこから話を広げて、新たに加筆された章を付け加えて、1冊の連作短編集になった、といった感じの本ですね。

 

で、「あとがき」に、「泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や奇妙な設定、そういったものがほとんど出てこない本になりました」と伊坂幸太郎さん自身が書いてる通り、ほかの伊坂幸太郎作品よりも、普通っぽい世界観なんですが(テーマが「出会い」といった感じ)、伏線が張ってあったり、時間軸がズラした作りになってたり、で、最終的にその伏線が回収されていくといった、伊坂幸太郎作品の特徴が活かされた作品でした。

 

 

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク