そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

少女

 

 

先日、湊かなえさんの「少女」を読みました。

 

湊かなえさんの小説を読むのは今回が初めてです(映画の「告白」と「白ゆき姫殺人事件」は以前に観てます)。

 

で、湊かなえさんは、「イヤミスの女王」と呼ばれているので、作品が、ドロドロしてたり、不穏な空気感に満ちてたりするんだろうなあと、読む前は思っていたんですが、実際読んでみると、そうでもなくて、むしろ、ミステリーっぽい雰囲気も薄い気がしたんですけど、でも、終盤で、次々と伏線が回収されていって、やっぱりちゃんとしたミステリー作品でした。

 

ちなみに、この作品は映画化されるらしく、読んでる途中で、そのことを知りました(予告編を観てみると、映画版のほうが、不穏な空気感に満ちてそうですね)。

 

 

少女 (双葉文庫)

少女 (双葉文庫)