そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

神の舌を持つ男

 

 

先日、ドラマ「神の舌を持つ男」を最終回まで見ました。

 

堤幸彦監督作品ですね。

 

で、堤幸彦監督作品て、大まかに言うと、小ネタやギャグがありつつも、映像がスタイリッシュだったり、トリッキーだったりする「ケイゾク」タイプと、小ネタやギャグが中心の「トリック」タイプと、ドラマ版「世界の中心で愛を叫ぶ」のような(見てないけですど)、普通っぽい世界観というか、あえてスタンダードな感じをやるタイプと、三種類あるような気がするんですけど、今回の「神の舌を持つ男」は、完全に「トリック」タイプの作品でしたね。

 

なので、楽しめましたけど、新しさは感じなかったですかねえ。

 

で、向井理さんて、イケメンさわやか好青年みたいな役が多いと思うので(くわしくありませんが)、こういった特殊な作品にもっと出たほうがいいんじゃないかなあと思ったりしました。

 

そうしたほうが、俳優として、幅が広がる気がします(今のドラマ界だと、やっぱり、クドカン脚本作品や、堤幸彦監督作品が、その役者さんの、今まで見せなかった面を引き出してくれるような気がします)。

 

 

神の舌を持つ男 DVD-BOX

神の舌を持つ男 DVD-BOX