読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

Nのために

 

 

先日、湊かなえさんの「Nのために」を読みました。

 

ちょっと前に、ドラマ化された原作ですね(ドラマは見てません)。

 

ちょっと前に読んだ、「少女」」よりも、「Nのために」のほうが、ミステリーらしい作品でした。

 

で、普通のミステリー小説って、前半の8割りくらいが、事件が起きて、その謎を追っていく展開で、最後の2割りが解決編で、伏線が回収されたり、どんでん返しがあったり、謎が解明されたりと、そういった構成になってることが多いと思うんですけど、「Nのために」はその逆で、前半の2割りで事件が起きて、そのあとの8割りがずーっと解決編、といった感じの構成なので、解決編が長くて、その辺は、読んでて、少しだれるかなあと思ったりしました(解決編は、事件に関わった人たちの、それぞれの視点で描かれて、同じシーンを繰り返したりするので・・・)。

 

 

Nのために (双葉文庫)

Nのために (双葉文庫)