そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

その青の、その先の、

 

 

先日、椰月美智子さんの「その青の、その先の、」を読みました。

 

樋口毅宏さんが推薦していたので、読んでみました。

 

なんだろう、今時の子たちの、今時の青春ものなんですけど、なんか爽やかなんですよねえ。

 

で、物語の後半で、とある人物が事故に遭ってしまい、とてもショッキングな展開になるんですが、でも、最終的には、物語は爽やかに終わるといった感じで、この小説の爽やかさは一体なんだろう?と考えてみたんですけど、登場人物たちがみんな、捻くれてなくて、そこから爽やかさが出てるんじゃないかと、そんなことを思ったりしました。

 

 

その青の、その先の、

その青の、その先の、