そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

ウォーク・イン・クローゼット

 

 

(ちょいネタバレあり(?)の感想です)

 

 

先日、綿矢りささんの「ウォーク・イン・クローゼット」を読みました。

 

二つ話が収録されてるんですが、「いなか、の、すとーかー」は、最終的に真っ当なオチにたどりつく、「世にも奇妙な物語」っぽい(?)話で、タイトル作の「ウォーク・イン・クローゼット」は、その時々で服装を変え、いろんな男の人とデートをし、彼氏を探してる女性が主人公の話で(去年放送された、「ゴロウデラックス」の中で紹介されてました)、読む前は、嫌な感じの女の人の話なのかなあと思いきや、意外とそうでもなく、アラサー女子の青春小説といった印象を受けました。

 

しかし、綿矢りささんは、純文学の作家から(なにをもって純文学とするのか基準はわかりませんが・・・)、エンターテイメント作家として、成長してる気がしました。

 

 

ウォーク・イン・クローゼット

ウォーク・イン・クローゼット