読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

バッティング・センター

 

 

浮かれた気分で歩いていた。

仕事が終わって、気持ちが軽くなっていたからだ。

今はそんな気分だけど、明日にはまた、トラブルがあって、嫌な気分になるだろう。

仕事だけじゃなくて、日常生活でも。

一瞬の休息だ。

夜空を見上げると、月が浮かんでいた。

満月まであと一歩といった具合の月。

明日には、いや、明後日には、完全な満月になるのだろうか。

完全な満月じゃなくて惜しい気もするけど、まあそれはそれでよしとしよう。

歩いていると、バッティング・センターの横を通りかかった。

若いカップルがデートで遊びに行くような、今風の煌びやかなバッティング・センターではなく、ちょっと古びた薄暗いバッティング・センター。

そのバッティング・センターで、バッター・ボックスに立ち、バットを構えてる自分を想像する。

実際にバッティング・センターに入ったわけではなく、あくまでも想像でだ。

僕は球を打てるだろうか。

空振りするだろうか。

そんな想像をしていると、スマートフォンが鳴った。

僕は一旦想像をやめ、スマートフォンをポケットから取り出し、画面を見ると、電話は仕事場からだった。

仕事が終わった帰り道だというのに、僕に自由はないのか。

自由というのは大げさか。

まあ、働いてたら現実こんなもんか。

無視するわけにもいかないので、僕は電話に出た。

少しだけ話したけど、電話は大した用ではなかった。

電話を切ると、僕は再び歩き出した。

バッティング・センターを通り過ぎると、ファミレスが見えてきた。

夜は、ファミレスが輝かしく見える。

そんな輝かしさに吸い寄せられるように、なんてことないファミレスのコーヒーが飲みたくなって、僕はファミレスに入り、ドリンク・バーを注文した。

席を立ち、マグカップを手に取り、ホット・コーヒーを淹れ、席に戻る。

コーヒーを一口飲み、再びバッティング・センターの想像を再開した。

バットを構えて立ってる僕。

そんな僕に向かって、球は投げられる。

僕はその球に向かい、バットを振る。

球はバットに当たり、高く飛ぶ。

するとその瞬間、バッティング・センターは球場に変わり、球は、高く遠くへ飛ぶ。

そして球は、 客席へ。

僕が打った球は、ホームランになった。

客席からは大きな歓声が起き、僕は塁へ走り出す。

小走りで一回りし、ホームベースを踏み、一点取る。

僕はそこで想像をやめる。

現実に起きた出来事ではなく、想像だけれど、僕はとても良い気分だった。

そして、また一口コーヒーを飲んだ。