そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

虚ろな十字架

 

 

先日、東野圭吾さんの「虚ろな十字架」を読みました。

 

東野圭吾さんの小説って、読みやすいエンターテイメント・ミステリー小説っていうイメージがあるけど、今作は、裁判や死刑がテーマになっていて、ちょっと難しかったですかねえ。

 

あと、ほかの作品に比べて、テーマが重い気がしました(なんて、東野圭吾さんの小説は、「プラチナデータ」しか読んだことがないので、比べようがないんですが・・・。あくまでも東野圭吾作品のイメージの話です・・・)。

 

 

虚ろな十字架

虚ろな十字架