そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

朝間さんと多田ちゃん2018 第1話「音頭」

 

 

とある6月。

 

とある工場のお昼休みにて。

 

その日は、梅雨に入る前の、夏日のような天気だった。

 

多田ちゃんが午前中の仕事を終え、休憩室に行くと、一足先に、朝間さんが休憩室にいた。

 

朝間さんの側にはスマートフォンが置いてあり、そのスマートフォンからは、夏祭りの盆踊りで流れるような曲が流れていた。

 

盆踊りの曲を流しながら、弁当を食べてる朝間さん。

 

そんな朝馬さんに多田ちゃんは声をかけた。

  

 

多田ちゃん「朝馬さん、スマホ買ったんすか?」

朝間さん「そうそう、買ったんだよ。iPhone

多田ちゃん「へぇ~、朝馬さんもとうとうスマホに変えたんすねえ」

朝間さん「そう」

多田ちゃん「つーか、さっきから流れてるこの曲なんすか?盆踊りの曲みたいですけど・・・」

朝間さん「まあ、今日は天気が良くて夏みたいだからさあ、夏を先取りで、一足先に夏祭り気分でも味わおうと思って」

多田ちゃん「はぁ~」

 

  

よくわからないことを言う朝間さん。

 

すると、朝馬さんのiPhoneから、「♪ FUCK YOU!」と言葉が聞こえてきた。

  

 

多田ちゃん「え?なんすかこの曲?普通の盆踊りの曲じゃないみたいですけど」

朝間さん「多田ちゃん、知らないの?今、巷で話題の「FOCK YOU音頭」」

多田ちゃん「「FUCK YOU音頭」?」

朝間さん「そう。「FUCK YOU音頭」。いろんなアーティストがリミックスしたりしててさあ、今巷で話題なんだよ」

多田ちゃん「アーティスト?リミックス?」

朝間さん「今年の夏祭りは、「FUCK YOU音頭」で決まりだな」

  

 

「アーティスト」や「リミックス」といった、普段だったら使わないような言葉を使って、鼻高々に話す朝間さん。

 

iPhoneを買って情報網が広がったのか、朝間さんより若い多田ちゃんが知らない音楽を知ってる朝間さんなのであった。

 

 

サニーデイ・サービス/「FUCK YOU音頭」

 

 

(つづく!)