そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

透明カメレオン

 

 

先日、道尾秀介さんの「透明カメレオン」を読みました。

 

道尾秀介さんは、いわゆる、伏線が張ってあって、最終的にどんでん返しがあるような、ミステリー小説を書く作家さんなんですが、でも、暗かったり、子供が悲惨な目にあうような小説が多くて、そんな中でも、普通っぽい世界観で、ミステリー要素がある話も書いたりしてて、「透明カメレオン」は、そんな、普通っぽい世界観で、ミステリー要素があるタイプの作品でした(僕は、このタイプの作品のほうが好みかも)。

 

で、後半、とある場所で、ドタバタ劇が繰り広げられるんですが、そのパートに関しては、ちょっと長過ぎるかなあと思ったりしました。

 

そして、そのドタバタ劇を終え、話が終わるのか思いきや、また最後にもうひとつ仕掛けが施されてあって、最終的には、良いメッセージが込められた、良い話に落着し、道尾秀介さん、さすがだなあと思ったりしました。

 

 

透明カメレオン

透明カメレオン