そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

キャプテンサンダーボルト

 
 
先日、阿部和重さんと伊坂幸太郎さんとの合作「キャプテンサンダーボルト」を読みました。
 
ちょっと前にエッセイと小説を読んだ、川上未映子さんの旦那さんが阿部和重さんだったことを思いだし、その流れで、阿部和重さんと伊坂幸太郎さんが合作した小説を思いだし、それで読んでみました。
 
よくできた、娯楽エンターテイメント作品といった感じでした。
 
で、小説の作りとしては、阿部和重さんと伊坂幸太郎さんのどちらがどの章を書いたのか、わからない作りになっているんですが、どちらかというと、「伊坂幸太郎色」のほうが強いような気がしました。
 
あと、この小説は、分厚い本で、結構長いんですが、阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの才能を持ってすれば、もっと壮大な物語が書けたような気もしました・・・。
 

 

キャプテンサンダーボルト

キャプテンサンダーボルト