そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

首折り男のための協奏曲

 

 

(ちょいネタバレあり(?)の感想です)

 

先日、伊坂幸太郎さんの「首折り男のための協奏曲」を読みました。

 

連作短編集といった感じなんですが、「あとがき」にも書いてある通り、最初は首折り男の話で、途中から、黒澤の話になり、また最終的に、首折り男関連の話に戻ってくるといった、不思議な構成の連作短編集でした。

 

で、最初の話なんかは、初期の伊坂幸太郎作品ぽい感じで、個人的な印象だと、伊坂幸太郎さんは、第2期に入ってから、迷走してる印象なので、「お、今作は原点回帰作だな。そうそう、伊坂幸太郎作品て、これが魅力だよなあ」と思ったりしましたが、「あとがき」を読むと、それぞれの話の掲載時期が違うみたいで、なので、原点回帰作っぽかったんだなあと。

 

あと、最後の合コンの話は、若手の映画監督が、デビュー前に、インディーズで撮りそうな感じの話だなあと思ったりしました。

 

 

 

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲