そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

光媒の花

 
 
先日、道尾秀介さんの「光媒の光」を読みました。
 
この小説は、連作短編集なんですが、あんまり、道尾秀介さんぽくなかったですかねえ。
 
それでも、「隠れ鬼」と「虫送り」は、道尾秀介さんぽかった気がします。
 
で、この小説は、それぞれの話がつながっていて(ひとつの短編の中に出てくる脇役が、次の話の主人公になったりします)、前半は暗い感じなんだけど、後半に行くにつれ、話に光が射してくる、というのは前情報として知ってはいたんですが、実際に読んでみると、たしかにそういった雰囲気はあるんですが、それぞれの話の登場人物たちが、ちゃんと救われるといった感じではなかった気がします(あくまでも、そういった雰囲気といった感じ)。
 
ということで、久しぶりの道尾秀介作品でした。
 
 
光媒の花

光媒の花