そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

Awesome City Tracks

 

 


Awesome City Club - 1st Album "Awesome City Tracks" Trailer

 

 

先日、Awesome City Clubの「Awesome City Tracks」を聴きました。

 

よかったです。

 

特に、「It's So Fine」がよかったですねえ。

 

ソウル・クラシックというか、ディスコ・クラシックというか、ダンス・クラシックというか(ジャンルの言い方はいろいろあるんでしょうけど)、そういったタイプの王道をやってる感じで。

 

それで、「It's So Fine」の作詞・作曲はatagiさんなんですが、歌詞を読むと、古くさいわけではないけれど、今っぽくないというか、トレンディー・ドラマのころの週末感というか、恋愛観というか、そういったものを彷彿させる世界観で、また、言葉づかいも、「ステップ」とか「ダンスホール」とか「ハートビート」とか、ソウルとかディスコっぽい言葉を使っていて、でも、Awesome City Clubのメンバーは若い人たちなので、これは、ソウル・クラシックというか、ディスコ・クラシックというか、ダンス・クラシックというか(ジャンルの言い方はいろいろあるんでしょうけど)、そういったタイプの王道の曲をやるにあたって、あえてそういう世界観の歌詞にしたのかなあと。

 

あと、このアルバムからのリード曲は、「4月のマーチ」と「涙の上海ナイト」なんですが、「It's So Fine」がリード曲でもよかったんじゃないかなあと思ったりもしました。

 

 

しかし、なんで今までAwesome City Club知らなかったんだろう?

 

ここ数年、音楽に対してアンテナを張ってなかったというのもあるし、音楽を掘り下げて聴いていなかったというのもあるんですけど、それでも、ceroとかSuchmosとかYogee New Wavesとかの存在は、情報として入ってきてたんですけどねえ。

 

 

 

Awesome City Tracks

新品価格
¥1,944から
(2017/4/28 20:33時点)