そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

Awesome City Tracks 3

 

 


Awesome City Club – 「Awesome City Tracks 3」全曲トレイラー

 

 

先日、Awesome City Clubの「Awesome City Tracks 3」を聴きました。

 

「Awesome City Tracks 1」や「2」と比べて、毛色が違う作品のような気がしました。

 

アレンジの仕方や音の使い方が今までと違うというか、歌詞の書き方も今までと違う気がしました。

 

なんだろう、「Awesome City Tracks 1」と「2」は、コアなところに向けて作品を作っていたけど、「3」は、もうちょっと間口を広げて、広い層に向けて作ったかのかなあと。

 

それゆえの変化なのかなあと。

 

なので、あくまでも歌に重点を置いた作品で、クラブ・ミュージックっぽい要素や、インディーズっぽい要素や、洋楽っぽい要素が減って(要は、通好みな感じが減って)、J-POPっぽい要素が増えた感じというか。

 

そういった変化から、全曲良いですけど、「Awesome City Tracks 1」と「2」が好きな人が聴くと、人によっては、違和感を感じる作品かもしれません。

  

 

Awesome City Tracks 3

新品価格
¥1,944から
(2017/5/11 20:47時点)