そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

夢を与える

 

 

先日、綿矢りささんの「夢を与える」を読みました。

 

ちょっと前に放送された、「アメトーーク」の「読書芸人 オールロケ」の中で、オードリーの若林さんが、この本を推薦していたので、興味があって読んでみました(ちなみに、綿矢りささんの小説は、「インストール」は以前に読んでます)。

 

簡単にストーリーを説明すると、夕子が子供のころに、チャイルド・モデルとしてデビューし、すぐにチーズのCMキャラクターに抜擢され、その後、清純派女優としてブレイクしていきます。

 

そんな夕子と、夕子の家族を、夕子の大学受験後ぐらいまで描いた、いわゆる芸能界小説ですね。

 

読んでて、映画化するのに良いんじゃないかなあと思ったりしました。

 

で、実際に、WOWWOWで、ドラマ化されていて(未見ですが、監督は犬童一心監督です)、主人公の夕子を小松菜奈さんが演じているんですが、このキャスティング、合ってるなあと思ったりしました。

 

 

 

夢を与える

夢を与える