読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

スタフ staph

先日、道尾秀介さんの「スタフ staph」を読みました。 道尾秀介作品はいくつかタイプがあると思うんですけど、今作は、あまり重たくなく、陰鬱とした感じもないタイプの作品ですね。 で、道尾秀介作品の特徴でもある、伏線が張ってあって、最終的に回収され…

スクラップ・アンド・ビルド

(ちょいネタバレあり(?)の感想です) 先日、羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」を読みました。 芥川賞受賞作ですね。 話の本筋は、主人公の健斗の日常と、同居している祖父の介護についてなんですが、話の後半で、健斗が、付き合ってる彼女か…

蹴りたい背中

先日、綿矢りささんの「蹴りたい背中」を読みました。 綿矢りささんの二作目で、芥川賞受賞作ですね。 で、綿矢りささんの小説は、「蹴りたい背中」を含めて、「インストール」「夢を与える」「ウォーク・イン・クローゼット」と、四冊読んでますが、「蹴り…

ウォーク・イン・クローゼット

(ちょいネタバレあり(?)の感想です) 先日、綿矢りささんの「ウォーク・イン・クローゼット」を読みました。 二つ話が収録されてるんですが、「いなか、の、すとーかー」は、最終的に真っ当なオチにたどりつく、「世にも奇妙な物語」っぽい(?)話で、…

下北サンデーズ

先日、石田衣良さんの「下北サンデーズ」を読みました。 以前に、ドラマ化もされてる作品ですね(ドラマ版は未見ですが、、脚本が河原雅彦さん、演出が堤幸彦さんだったことを記憶してます。あと、藤井フミヤさんの主題歌が、大瀧詠一さんぽい曲だったことも…

身の上話

(ちょいネタバレあり(?)の感想です) 先日、佐藤正午さんの「身の上話」を読みました。 最初は、主人公で書店員のミチルが、彼氏がいつつも、出版社の人と不倫をしていて、恋愛に関するトラブルの話なのかと思いきや、次から次へと、意外な展開が起こっ…

コンビニ人間

(ちょいネタバレあり(?)の感想です) 先日、村田沙耶香さんの「コンビニ人間」を読みました。 村田沙耶香さんの小説を読むのは、今作が初めてですけど、読みやすかったです。 で、「アメトーーク」の「読書芸人」でも、「コンビニ人間」が紹介されていて…

鳩の撃退法

(ちょいネタバレあり(?)の感想です) 先日、佐藤正午さんの「鳩の撃退法」を読みました。 夏頃に、豊田道倫さんが、この小説を読んだことをツイッターでつぶやいてて気になったのと、佐藤正午さんの「ジャンプ」を昔読んだことがあって、おもしろかった…

PRIDE 憎悪のパレード

先日、石田衣良さんの、「PRIDE 池袋ウエストゲートパークX」と、「憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークⅪ」を読みました。 安定のシリーズ作といった感じでした。 ちなみに、「PRIDE」は、第1期最後の作品で、「憎悪のパレード」は、第2期最初の作品…

その青の、その先の、

先日、椰月美智子さんの「その青の、その先の、」を読みました。 樋口毅宏さんが推薦していたので、読んでみました。 なんだろう、今時の子たちの、今時の青春ものなんですけど、なんか爽やかなんですよねえ。 で、物語の後半で、とある人物が事故に遭ってし…

きのうの神さま

先日、西川美和さんの「きのうの神さま」を読みました。 映画監督の西川美和さんが書いた、自身の監督作「ディア・ドクター」関連の小説で、直木賞候補作でもあります。 で、西川美和さんが「ゴロウデラックス」に出たときに、今作を、「「ディア・ドクター…

ジャイロスコープ

先日、伊坂幸太郎さんの「ジャイロスコープ」を読みました。 今作は、文庫だけで発売された短編集で、伊坂幸太郎さんらしい作風の話もあるし、伊坂幸太郎さんらしくない作風の話もあるし、で、最後に、それぞれの短編がつながってくるような話が収録されてい…

Nのために

先日、湊かなえさんの「Nのために」を読みました。 ちょっと前に、ドラマ化された原作ですね(ドラマは見てません)。 ちょっと前に読んだ、「少女」」よりも、「Nのために」のほうが、ミステリーらしい作品でした。 で、普通のミステリー小説って、前半の8…

カササギたちの四季

先日、道尾秀介さんの「カササギたちの四季」を読みました。 ほかの道尾秀介作品に比べて、暗くないし、残忍じゃないし、子供が痛い目にあったりしないし、わりと軽い感じでした。 そして、推理的な要素もあるんですけど、アッと驚くようなどんでん返し、と…

職業としての小説家

先日、村上春樹さんの「職業としての小説家」を読みました。 主に、村上春樹さんが、どのように小説を書いてるか、などについて書かれたエッセイで(とはいえ、エッセイほど軽くはないかも)、映画で言うところの、メイキング映像みたいな感じでした。 ほか…

リップヴァンウィンクルの花嫁

(ちょいネタバレありの感想です) 先日、岩井俊二さんの「リップヴァンウィンクルの花嫁」を読みました。 映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」の原作小説ですね。 で、読んでみた感じ、基本ストーリーは同じなんですけど、小説のほうが、主な登場人物たち…

少女

先日、湊かなえさんの「少女」を読みました。 湊かなえさんの小説を読むのは今回が初めてです(映画の「告白」と「白ゆき姫殺人事件」は以前に観てます)。 で、湊かなえさんは、「イヤミスの女王」と呼ばれているので、作品が、ドロドロしてたり、不穏な空…

減速して自由に生きる ダウンシフターズ

先日、高坂勝さんの「減速して自由に生きる ダウンシフターズ」を読みました。 高坂勝さんは、大手小売業で社員として働いていたんですけど、心労から仕事を辞めて、のちに、オーガニック・バーを始めたり、自給自足のために農業を始めたりした人で、そのこ…

アイネクライネナハトムジーク

先日、伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」を読みました。 もともと、最初の2つの話が、斉藤和義さんとのコラボレーションとして書かれた話で、そこから話を広げて、新たに加筆された章を付け加えて、1冊の連作短編集になった、といった感じ…

世にも奇妙な君物語

先日、朝井リョウさんの「世にも奇妙な君物語」を読みました。 この作品は、朝井リョウさんが、ドラマ「世にも奇妙な物語」のファンらしく、「世にも奇妙な物語」で映像化されことをイメージして書かれた短編集です。 で、収録されてる話の中でも、最後の話…

年収90万円で東京ハッピーライフ

先日、大原扁理さんの「年収90万円で東京ハッピーライフ」を読みました。 前作の「20代で隠居 週休5日の快適生活」も以前に読んでいて、引き続き、今作も読んでみました。 読んだ感じ、内容が、「20代で隠居」と重なる部分もあるんですけど、今作のほうが、…

ラジオラジオラジオ

先日、加藤千恵さんの「ラジオラジオラジオ」を読みました。 加藤千恵さんの小説を読むのは、今回が初めてです。 で、今作は、ラジオにまつわる青春小説なんですが、加藤千恵さんは実際に、学生時代に友達と、「ラジオラジオラジオ」というラジオ番組をやっ…

ふがいない僕は空を見た

先日、窪美澄さんの「ふがいない僕は空を見た」を読みました。 「ご本、出しときますね?」で知った窪美澄さんですが、窪美澄さんの小説を読むのは今回が初めてです(タナダユキ監督で映画化されてるみたいですね)。 連作短編集なんですが、R-18文学賞を受…

ニコニコ時給800円

先日、海猫沢めろんさんの「ニコニコ時給800円」を読みました。 「ご本、出しときますね?」で知った海猫沢めろんさんですが、小説を読むのは今回が初めてです(ちょっと前に、「頑張って生きるのが嫌な人のための本」は読みました)。 読む前は、短編集かと…

れんげ荘

先日、群ようこさんの「れんげ荘」を読みました。 ちょっと前に、去年行われた、phaさんと大原扁理さんと鶴見済さんの3人によるトーク・イベントの模様がYouTubeにアップされて、その音源を先日聞いたら、そのイベントの中で、3人それぞれが本を紹介するコー…

頑張って生きるのが嫌な人のための本 〜 ゆるく自由に生きるレッスン

先日、海猫沢めろんさんの「頑張って生きるのが嫌な人のための本 〜 ゆるく自由に生きるレッスン」を読みました。 「ご本、出しときますね?」に海猫沢めろんさんがゲストで出てる回(白岩玄さんと一緒に)を見た僕は、その放送で、初めて海猫沢めろんさんの…

背の眼

先日、道尾秀介さんの「背の眼」を読みました。 道尾秀介さんのデビュー作で、ドラマ化もされてるみたいですね。 で、この小説は、ホラーサスペンス大賞の特別賞を受賞した作品なので、もちろん、ホラーでサスペンスなシーンもあるんですが、基本は、主要な…

長い終わりが始まる

先日、山崎ナオコーラさんの「長い終わりが始まる」を読みました。 ちょっと前に、「ご本、出しときますね?」に山崎ナオコーラさんがゲストで出てて(平野啓一郎さんと一緒に)、その回を見た僕は、久しぶりに山崎ナオコーラさんの本を読んでみようと思い、…

首折り男のための協奏曲

(ちょいネタバレあり(?)の感想です) 先日、伊坂幸太郎さんの「首折り男のための協奏曲」を読みました。 連作短編集といった感じなんですが、「あとがき」にも書いてある通り、最初は首折り男の話で、途中から、黒澤の話になり、また最終的に、首折り男…

ドラゴン・ティアーズ 龍涙 池袋ウエストゲートパークIX

先日、石田衣良さんの「ドラゴン・ティアーズ 龍涙 池袋ウエストゲートパークIX」を読みました。 安定のシリーズ作、といった感じです。 ドラゴン・ティアーズ 龍涙―池袋ウエストゲートパーク〈9〉 (文春文庫) 作者: 石田衣良 出版社/メーカー: 文藝春秋 発…

泣かない女はいない

先日、長嶋有さんの「泣かない女はいない」を読みました(長嶋有さんの小説は、「ジャージの二人」を以前読んでます)。 「ご本、出しときますね?」に長嶋有さんが出演したとき、「泣かない女はいない」の帯の推薦文を、キリンジの堀込高樹さんに書いてもら…

シェア

(ちょいネタバレあり(?)の感想です) 先日、加藤秀行さんの「シェア」を読みました。 「ご本、出しときますね?」の中で、朝井リョウさんが紹介していたので、読んでみました。 新人の作家さんで、表題作は(2つ話が収録されています)、芥川賞の候補に…

キャプテンサンダーボルト

先日、阿部和重さんと伊坂幸太郎さんとの合作「キャプテンサンダーボルト」を読みました。 ちょっと前にエッセイと小説を読んだ、川上未映子さんの旦那さんが阿部和重さんだったことを思いだし、その流れで、阿部和重さんと伊坂幸太郎さんが合作した小説を思…

武道館

先日、朝井リョウさんの「武道館」を読みました(ちょっと前にドラマ化されてたみたいですね)。 いわゆる、芸能界小説というか、アイドル小説なんですが、アイドルの裏側を描いたショッキングな内容といった感じではなく、アイドルの娘たちを描いた、青春小…

わたくし率 イン 歯ー、または世界

先日、川上未映子さんの「わたくし率 イン 歯ー、または世界」を読みました。 「りぼんにお願い」を読んだ流れで、読んでみました。 川上未映子さんの小説としては、デビュー作に当たるんですかね(2作話が収録されているんですが、タイトル作は、芥川賞候…

りぼんにお願い

先日、川上未映子さんの「りぼんにお願い」を読みました。 この本は、雑誌、「Hanako WEST」や「Hanako」で連載されていた、川上未映子さんのエッセイをまとめたもので、「同世代や、ちょっと年下の女の子たちと、おしゃべりするような気持ちで書いた」と、…

しないことリスト

先日、phaさんの「しないことリスト」を読みました。 「ニートの歩き方」「持たない幸福論」に続いて、phaさんの本を読むのは3冊目ですが、「しないことリスト」が、一番シンプルで読みやすいですかねえ。 しないことリスト 作者: pha 出版社/メーカー: 大…

持たない幸福論

先日、phaさんの「持たない幸福論」を読みました。 phaさんの価値観がゆる~く書かれてる本かと思いきや(そういった面もあるけど)、意外とカッチリしてて、社会学の本みたいでした。 持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない 作者:…

社会人大学 人見知り学部 卒業見込(完全版)

先日、オードリーの若林正恭さんの「社会人大学 人見知り学部 卒業見込(完全版)」を読みました。 この本は、雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載されていたエッセイをまとめたもので、僕は、ハードカバーで発売されたときも読んだんですが、文庫版には、ハードカバ…

赤頭巾ちゃん気をつけて

先日、庄司薫さんの「赤頭巾ちゃん気をつけて」を読みました。 読むきっかけとしては、村上春樹さんが庄司薫さんに影響を受けてるらしいので(「風の歌を聴け」に出てくる架空の作家、デレク・ハートフィールドは、庄司薫さんがモデルなんじゃないか、という…

20代で隠居 週休5日の快適生活

先日、大原扁理さんの「20代で隠居 週休5日の快適生活」を読みました。 読むきっかけとしては、もともと、日本一有名なニート(今現在は、ニートというより、文筆業といった感じ)のphaさんに興味があって(「ニートの歩き方」は以前に読みました)、そのph…

タイタンの妖女

先日、カート・ヴォネガット・ジュニアの「タイタンの妖女」を読みました。 読むきかっけとしては、「村上春樹が影響を受けたアメリカ文学」みたいなタイトルのブログ記事を先日見かけて、そこに書かれてた作家さんは、名前は知ってる人たちばかりだったんで…

笑うハーレキン

先日、道尾秀介さんの「笑うハーレキン」を読みました。 ちょうど最近文庫化されて(解説は小泉今日子さんです)、そのタイミングで読んでみました。 読んでみた感じ、いわゆるどんでん返し的なものというか、ミステリーのからくり的なものというか、そうい…

猫と五つ目の季節

先日、山田稔明さん(GOMES THE HITMAN)の「猫と五つ目の季節」を読みました。 読む前は、音楽の話と、猫の話と、半々くらいなのかなあと思っていたんですが、実際は、猫の話がほとんどでした。 猫の話が「9」に対して、音楽の話は「1」、くらいの割合で…

女のいない男たち

先日、村上春樹さんの「女のいない男たち」を読みました。 ちょっと不思議というか、ちょっと奇妙というか、そんな男女関係を描いた短編集といった感じでした(とはいえ、恋愛小説といった感じではないです)。 そして、村上春樹さんの小説を読むのは久しぶ…

もういちど生まれる

先日、朝井リョウさんの「もういちど生まれる」を読みました。 青春小説を読みたい気分だったのと、某インターネット・ショッピング・サイトのレビューで、「「桐島、部活やめるってよ」のような作りの小説で、原点回帰作」といった意見があったので、読んで…

透明カメレオン

先日、道尾秀介さんの「透明カメレオン」を読みました。 道尾秀介さんは、いわゆる、伏線が張ってあって、最終的にどんでん返しがあるような、ミステリー小説を書く作家さんなんですが、でも、暗かったり、子供が悲惨な目にあうような小説が多くて、そんな中…

ドルフィン・ソングを救え!

先日、樋口毅宏さんの「ドルフィン・ソングを救え!」を読みました。 タイム・スリップもので、フリッパーズ・ギターや小沢健二さんやコーネリアスの曲名や歌詞を、いたるところに引用(サンプリング)した作りの小説でした。 読みつつ、この登場人物はあの…

ピンクとグレー

(ちょいネタバレありの感想です) 先日、加藤シゲアキさんの「ピンクとグレー」を読みました。 加藤シゲアキさんは、ジャニーズのNEWSというグループのメンバーで、僕が、このグループや加藤シゲアキさんのファンというわけではないんですが、ちょっと前に…

ドルフィン・ソングを救え!

先日発売された、樋口毅宏さんの最新作「ドルフィン・ソングを救え!」が、渋谷系の時代の東京が舞台で、フリッパーズギターをモデルにした、ドルフィン・ソングという2人組のバンドのお話らしく、これは読みたいですね。 ドルフィン・ソングを救え! 作者: …