そんなことをふと思いました。

1人遊びのような、マイ・ペースなブログです。

朝間さんと多田ちゃん2017 第3話「Don't Think,Feel」

 

 

とある工場のお昼休みにて。

 

どこか浮かない顔をしている多田ちゃん。

 

そんな多田ちゃんに朝間さんが声をかけた。

 

朝間さん「どうした、多田ちゃん。浮かない顔してるけど」

多田ちゃん「実は最近、あんま彼女と会えてなくて・・・」

朝間さん「なんで?ケンカでもしてるの?」

多田ちゃん「いや、そういうわけじゃないんですけど、いろいろと忙しくて、なかなか時間作れなくて・・・」

朝間さん「ふ~ん、それで彼女が怒ってるとか?」

多田ちゃん「いや、怒ってはいないんですけどねえ。向こうも「気にしないで」って言ってるし」

朝間さん「じゃあ、いいじゃん」

多田ちゃん「でも、なんか、気になるじゃないっすか。なかなか時間作れなくて悪いなあって」

朝間さん「なにグチグチ悩んでるんだよ~」

多田ちゃん「まあ、そうなんすけどねえ・・・」

 

一瞬の沈黙。

 

すると、朝間さんが言った。

 

朝間さん「多田ちゃん」

多田ちゃん「はい?」

朝間さん「恋はDon't Think,Feelだよ」

多田ちゃん「え?なんすか、それ?ブルース・リーっすか?」

朝間さん「いや、ブルース・リーってわけじゃないけどさあ、あんま深く考えないでさあ、会いたいときに会ってさあ、感じるままに行けばいいんだよ」

多田ちゃん「そうっすかねえ・・・」

 

一瞬の沈黙。

 

すると、多田ちゃんが言った。

 

多田ちゃん「じゃあ、朝間さんは、恋愛で悩んだり考えたりしないんですか?」

朝間さん「え?例えば、どんなときに?」

多田ちゃん「例えば・・・、好きな女の人がいて、どういうふうにアプローチするかとか、初めてのデートとか」

朝間さん「そうだなあ・・・」

多田ちゃん「・・・・・・」

朝間さん「好きな女の人がいてかあ・・・」

多田ちゃん「・・・・・・」

朝間さん「アプローチねえ・・・」

多田ちゃん「・・・・・・」

朝間さん「初めてのデートかあ・・・」

多田ちゃん「・・・・・・」

朝間さん「・・・・・・」

 

 

朝間さんは、真剣な表情になり、黙り込んでしまった。

 

しばらく、沈黙が続く。

 

そんな朝間さんに多田ちゃんが言った。

 

多田ちゃん「え?朝間さん、めっちゃ考えてるじゃないっすか!」

 

多田ちゃんには「恋はDon't Think,Feelだよ」と言いつつも、自分のこととなると、深く考え込んでしまった朝間さん。

 

それを多田ちゃんに指摘され、朝間さんはこんな表情になってしまったのでした。

→ (-_-|||)

 

 


Awesome City Club /「Don’t Think, Feel」

 

 

(つづく!)